在宅ワークで稼いだお金と税金の問題について

在宅ワークをしている人でも、年間の収入は人によって大きく違ってくると思います。
年に10万円程度の収入の人もいれば、年間100万を超えるほどの収入を得ている人もいるでしょう。
さて、ここで問題となってくるのが、在宅ワークで稼いだお金も税金の対象になることです。
つまり、在宅ワークによって所得を得た場合でも、所得税を支払うことになるわけです。
基本的に、会社員の人であれば、年間で20万円以上の副収入がある場合は、税金の対象となり確定申告をしなければいけません。
在宅ワークでの収入は個人で申告をすることになるので、本業での収入と合わせて年末調整をするわけではありません。
もっとも、年間20万円以上稼いだ場合、確かに確定申告をする必要はあるのですが、必ず所得税を支払わないといけないとは限りません。
例えば、在宅ワークをする上で何かしらの経費が発生した場合、それを収入額から差し引くことができるのです。
正直、在宅ワークで稼いだお金が税金に対象になるのは、腑に落ちないと感じる人も多いかもしれません。
泣けなしのお金にまで税金がかかるなんて、納得できないと思うかもしれません。
ただ、人によっては在宅ワークにも関わらず、本業以上に稼いでいる人もいるわけです。
ですから、在宅ワークの収入だからといって無条件で非課税にしてしまうと、かえって不公平感が生まれてしまうのです。
さて、在宅ワークによる副収入というのは、お店で働いたり在宅ワークで稼いだ場合だけに限りません。
例えば、株式投資で得た配当であったり、FXで儲けた利益も立派な副収入なので、同じように税金の対象になってしまうのです。
他にも、ネットオークションで商品を売った時の利益なども、税金の対象となってしまうので注意が必要です。
もし確定申告や税金の計算が面倒だという人は、年間の収入を20万円以内に抑えるのが最も手っ取り早いです。
もっとも、その場合は常に自分の毎月の収入を把握しておく必要がありますが。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.